学院長 ご挨拶 

kimidori
『アートを通して
健康な社会づくり』kiiro


クエストアートセラピー学院が1995年に創立されて以来、アートセラピーの専門家として臨床現場に携わりつつ、学院の講師として多くのアートワークセラピストを育成して参りました。

それは、心理臨床は刻々と変化し、私自身が謙虚な気持ちでアートセラピーに向き合えたら という思いがあるからです。

21世紀は「心の時代」といわれ、急激に変化する社会への対応や複雑化する人間関係の中で心のケアが十分とはいえず、私たちはストレスフルな状況に置かれています。
このような時代は、アートを通じた心のケアが(有効)大きな力となるでしょう。

心の問題は言葉にならない思いが痛みとなります。

だからこそ、アートセラピーのような論理や言語(左脳)を超えた、イメージや感覚・ひらめき(右脳)による媒体を手段とすることはとても価値ある事なのです。

問題を視覚的にとらえ、それを語る事が可能になるだけでなく、そこに自発的な創造的な行為が含まれるので、言葉にならなくとも心身の疲れを癒し、バランスを取り戻すことにつながるのです。

しかし、誰にでも扱えるアートであるからこそ、危険であることも否めません。
対象により専門的な理論、知識、また技術が必要であることを、ここに明記しておきます。

私自身もまだまだで研究の途にあります。
今後もアートセラピーの研鑽を積んでまいります。


クエスト総合研究所の理念は、「アートを通して健康な社会づくり」です。

私ども学院はこのことに真摯に、セラピストの育成に取り組んでまいります。
共に「アートの力」を社会に活かし、貢献していけますことを節に願っております。

 

aoaka

 

上半身クエスト アートセラピー学院長
柴﨑千桂子
1996年~2012年医療法人榎会榎本クリニック(精神科)でアートセ ラピストとして12年非常勤勤務
1996年・1997年アウトサイダーアート展、
順天堂大学病院・聖路加国際病院小児病棟内アートセラピー従事
調布市立精神障害協同作業所「リフレッシュ クラブ」運営委員アドバイザー
芸術療法学会会員、精神衛生学会会員
2015~ 高野山大学大学院非常勤講師
NPO法人子ども未来研究所理事
2013 Canadian International Institute of Art Therapy 名誉クリニカルアートセラピー修士授与
[著書]
「アートセラピーワークブック・ワタシらしさが花ひらく」BABジャパン/ 「セルフセラピーカード」クエスト総合研究所/「通信教育・アートセラピーイメージ描画法相談士」全3巻 クエスト総合研究所/監修「心を整えるマンダラぬり絵」著者スザンヌ・F・フィンチャー エクスナレッジムック