イベントワークショップ風景

  • イベントワークショップ風景1
  • イベントワークショップ風景2
  • イベントワークショップ風景3
  • イベントワークショップ風景4

クエストアートセラピー学院

イベントワークショップ

アメリカ・カナダ・日本などで活躍しているアートセラピストにやアーティストとのコラボレーション、また様々な心の領域に携わる専門家をお招きして行う体験型研修ワークショップです。(JIPATTの選択科目)

Still Point
アートセラピー・ワークショップ

ニュージーランドからお二人の講師をお招きし、“自分の内側にある静かな、自分でいられる場所(StillPoint)”をムーブメントやアートを通して見つけ、味わっていくワークショップです。

ここでいうムーブメントとは、人に見せるためのダンスやパフォーマンスとは違います。
誰の中にもある、自然な体の動きを大切にしながら、ひとり一人の<Still Point>を体感していきます。

表現やアートがはじめての方も、無理なく体験していただけます。

Still Point

“Vibrantly” 生き生きとした

“Awake” 目覚めている

“Calm” 静かで

“Here and Now 今ここにある

Coming Home to You 自分自身に戻る場所

日程・カリキュラム

20067742_1435018416583337_1190907275_n

*****

♪お得なお知らせ♪

 8/19(土)1Day アートセラピーワークショップ『風 流 涼』
   両方お申込みの方には参加費1,080円割引!

 19961203_1392669844151244_6536039397770485139_n

講師

小幡 葉子

小幡 葉子

カリフォルニア州立大学で心理学を学び、
依存症のカウンセラーやマッサージセラピストとして
様々な文化の人々接する。ニュージーランドに渡り
臨床アーツセラピー収集号を取得し、現在ANZATA
(オーストラリア、ニュージーランドアーツセラピー協会)
公認アーツセラピストとしてNZのオークランドで
アートセラピーとダンス・ムーブメントセラピーの活動を行っている。

リア アヤナ

リア アヤナ

公認トランスフォーメーションライフコーチ、
ワークショップファシリテーター。
ペール、メキシコ、イースター島、
バリ、オーストラリアなど世界の聖地にて8年間に
渡り様々なセレモニーを行う。
彼女の愛するニュージーランド/アオテアロアにて、
人々が自分自身の壁を乗り越え、自分のオーセンティックな
真実から生きることを導きサポートしている。

費用

受講費用:

8,640円(消費税込み)
アートサポート/アートアウェアネス受講生・卒業生 7,560円
ファシリ登録者 6,480円
JIPATT生 5,400円

振込先:

㈱クエスト総合研究所
三井住友銀行 目黒支店 普通 6474232
ゆうちょ銀行 〇一九店 当座預金口座 0568228
郵便振替 00160-7-568228

アクセス

新宿・代々木周辺

TEL:

FAX:


受講生の声

2017.5.7 「オルタードブックアート」

今日の体験をお聞かせください。

U.Eさん女性
アートワークは、人生の歩みに似ているように感じ始めてから、夢中になりました。今回、私は整うよう、完成するのにキレイなものにしようという気持ちが、とても邪魔に思えました。とにかく、夢中になって取り組む時間となりました。心地いい疲れを味わっています。
K.Aさん男性・30代
分厚い本を選んだので、どうなることかと思ったけど、どんどん引き込まれていきました。1日では足らないくらいです。アートは、自分の人生と重なりました。後半、ページはまだアートはできていないけれど、それは、自分の残りの人生を思うがままにデザインできるんだと思わせてくれるに十分でした。楽しかったです。
Y.Sさん女性・30代
本の外観、言葉、絵からインスピレーションを得て、新たに自分で手を加えたり、やぶったり、切りとったりを繰り返す作業は、すごく集中し、自然と自分と対話するのを助けてくれた。
S.Aさん女性・20代
最初は、これからどう楽しくなるのかと気になりましたが、やぶったり、詩や物語をつくりながら、徐々に自分の世界に入り、のめり込んでしまいました。
I.Hさん女性・40代
クリエイティブな作業は、やはり心に響きます。だんだん気持ちが解放されていく感じも体験できました。
K.Aさん女性・40代
破壊と変容のプロセスがパワフルはワークショップでした。一つ一つの工程に驚きがあり、普段のアートワークでは、あまり感じたことのない感覚を味わいました。しかし、傷つけるのではなく、生まれ変わるプロセスとして、軌道に乗り、一気にワークに引き込まれました。無心に遊んだ感じで、自分の人生と重なることがあり驚きました。気づきがたくさんありました。
S.Nさん女性・30代
本を作っていると、自分の良いと思う結末を目指して作っていくため、悪い結果にはなりようがなく、その点でも、前向きな気持ちになれるし、自分が何を望んでいるのかも見えてきやすいと思った。
F.Yさん女性・60代
形あるものを壊すエネルギーは、新しい物を制作するよりも、自分にとっては大変であることがわかりました。人生も一緒かもしれないと思いました。
S.Tさん女性・40代
盛りだくさんで、充実した1日でした。本が好きなので、これをどのようにアートするのだろうと始まる前から興味津々でした。言葉の選択やそれを使っての創作話は、まさに自分自身を表していて、やっぱりアートには表れるなぁと改めて実感しました。

その他・備考