スタッフブログ「アートと暮らす」

アートセラピーの輪Vol.14

こんにちは、マッキーです。

GW頃から日差しが強くなってきましたね。
みなさんはどんなGWをお過ごしでしたか?

さて、今回の「アートセラピーの輪」でご紹介するのは、

■ 村松美紗さん

彼女は、クエストでやっているアートワークカフェのスタッフさん。
親子のアートセラピークラスでのサポートや、
彼女の職場でもある障害者施設でアートを使ったセッションも行っています。

さらには、2014年から日本で学べるようになった、
国際基準のクリニカルな学びができるJIPATTの2期生でもあります。

「日常にアートセラピーをどんな風に活かしていますか?」
そんな問いに対し、開口一番でてきたのが
「考えすぎてるなーと思うとき、アートをします」
ということばでした。


いろいろ考えすぎてるなー、
いつまでもイライラが抜けないなー、
そんな時にアートをします。

たとえば、具体的に対象の人やモノがある場合は、
それとの距離をアートで表してみたり、
エネルギーを色や形であらわしてみたり。

そうすることで、私のなかで“発散”と“理解”が起こるんです。

そうると、次の日、その人やモノに向き合ったとき、肩の力が抜けておだやかにいられる自分に気づきます。

不安な時もそう。

不安について頭でいろいろ考えるのではなく、
ただそれを色や形で外に出してあげる。

そして、その描いたものを改めて見ると、
頭で考えて言葉を出そうとしていたときとは違う、
もっと直感的なところからフッと言葉がわいてくるんです。

そうやって出てきた一言を絵に描き添えることで、
その時の自分を受け止めてあげられた感覚になります。

不安を感じている自分がだめなのではなくて、
そんな自分がいるんだなと認めてあげられる。

私にそういった感覚を思い出させてくれるのが、アートセラピーです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美紗さんは、アートセラピストとしてアートを提供するだけではなく、
自分の日々の生活のなかにも、とても自然にアートを取り入れているすてきな女性。

アートは敷居が高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
こんな風に、実はとっても身近で、簡単なものなんです。

アートセラピストになるためはもちろん、
日々の毎日にも活かせる「アート」の豊かさをぜひ皆さんも味わいにいらしてくださいね。