スタッフブログ「アートと暮らす」

アートセラピーの輪 vol.17

こんにちは。satokoです。

今朝、オフィス前の桜の木に、サルノコシカケを見つけました。

今後のひそやかな楽しみができました♪

さて、今日は久しぶりに『アートセラピーの輪 vol.17』をお届けします。

今日の卒業生は・・・

お仕事をしながら、オリジナルの「アートセラピーカード」づくりに取り組んでいる

素敵な女性です。

 

「アートセラピーを学んで、なにかいいことあった?」

 

■ 宮下 真弓 さん

真弓さん2

真弓さん(以下M):ちょっとした日常のケア、気持ちのケア。

たとえば、なんで今モヤッとするのかな?というのをアートにしてみると、

ちょっとスッキリする。それがいいことかな。

なんか、おもしろいしね。

あと、アートセラピーを学ぶ前は知らなかったんだけど、

表現アートっていうのがあるっていうのを知って、これも勉強してみるとすごく面白い。

自分は表現するのが好きなんだなって改めて思う。

S:その前まではどう思ってたの?

M:舞台をみるのが好きとか、踊るのが好きっていうのはあったんだけれど、

表現すること自体が好きっていうのは、気づいてなかった。

それまでは、「何が好き」とか、「何がやりたい」とか、「どうなりたい」とか、

自分自身についてはあんまり考えてなかったんだよね。

今日何食べたいとかはあったけれど(笑)

こういう学びをはじめてから、「自分は表現すること好きなんだ」って思うようになった。

S:それが分かった今は何が違う?

M:今までは、表現っていうと、舞台とか踊りとかって限定していたものが、

日常のことも、表現として広げられる自分がいる。

自分らしさってどういう風に表現していくの?とか、何が表現したいの?と考えていくと、

ちょっと日常が楽しい(笑)

人に対しても、その人のあらわれとか、その人のすることも、

ひとつの表現としてみると面白いし、楽しいし、

より、その人の魅力が味わえる。

S:なるほど。

日常がちょっと楽しくなるし、人の魅力の発見にも、自分の魅力を表現していくのにも

なっているんだなぁってお話し伺ってて思いました。ありがとうございました。

M:うん。人の魅力を見つけるのが好き。楽しい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、お話していて、「ちょっと楽しい」という言葉が、心に響きました。

日常って大きく変化すると、これもまたびっくりしちゃうもので(笑)

少しずつ変化したり、気づくと「ちょっと楽しい」って心が軽やかになっていたり、

だから、アートは日常に自然に取り入れやすいのだと思います。

あらためてシンプルなアートの良さに気づかせてもらう時間でした。

真弓さんはこれからどんな表現をしていくんでしょう。カードも楽しみにしています♪

satoko

投稿者:クエスト スタッフ

クエストスタッフがクエストからの情報やそれぞれの言葉で活動している現場の声をお届けしています。講座やアートセラピー情報もタイムリーにお届けします!