スタッフブログ「アートと暮らす」

アートセラピーの輪 Vol.18

こんにちは、マッキーです。

気温的にも、オリンピック的にも、
暑い熱い夏を過ごしているうちに、ずいぶん間が空いてしまいました!

お久しぶりの「アートセラピーの輪」です。

今回ご紹介するのは、静岡在住で、笑顔がとびきり素敵な女性!

■杉山香織さん

香織さんはご自身のサロンでマッサージのお仕事をされていて、
アートも取り入れながら、心と体のバランスが取れるよう、
お一人お一人を丁寧にサポートしています。

さらに、「食とアート」や「瞑想とアート」など、
魅力的なワークショップも開催していて、
私がもし近くに住んでいたら、
足繁く通ってしまいたくなるようなそんな場をつくられています。

しかし、そんな香織さん。人とのかかわりが苦手だったそう。

「私は説明したり、言葉で伝えることが得意じゃない。
だから、アートを通してのほうが楽なんです」
そんな風に話しはじめてくれました。

DSC_0065-2

毎年お正月に、一言書初めを家族でやります。

そうすると、「お父さんはこうやって生きたいんだ!」ということが伝わってくるんです。

普段はなかなか知ろうとすることのない、身近な家族のこともアートがあることで知ることができる。

それは、私にとって、とっても嬉しいこと。喜びです。

そして、アートで表現されたものは
丸ごと受け取りやすいなーといつも感じます。

まるっとそのまま抱きしめることができるような。。。

アートをした人も「そこ」にいることができる。
アートを受け取る人も「そこ」にいることができる。

迷うことなく、一緒に同じ場所、世界を共有できるのが魅力です。

さらに、同じ「ことば」を他の人も言うことができるけれど、「アート」は違う。
決して同じアートを表現することができません。
そんな、その人にしかできないアートに、いつも感動してしまいます。

…………………………………………………………

お仕事でもアートにかかわりながら、
こんな風に身近なご家族ともアートの時間を大切にされている香織さん。

彼女は、それだけいろんな方の気持ちを受け取り、
寄り添うことができるとてもやさしいセラピストさんです。

でも、やさしいだけではない、
明るさや強さを私がいつも感じるのは、
人とかかわる覚悟ができているからかもしれないなーと、
今回お話をさせていただいて改めて感じました。

一緒に「そこ」にいる覚悟。

セラピストにとって必要なことは、スキルだけではありません。
相手と向き合うときの「心の在り方」。

アートセラピーの学びを通して、実はそういった自分の心も育てていくことができるんです。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
☆クエスト講座説明会開催中
http://questnet.co.jp/trial/

投稿者:クエスト スタッフ

クエストスタッフがクエストからの情報やそれぞれの言葉で活動している現場の声をお届けしています。講座やアートセラピー情報もタイムリーにお届けします!