スタッフブログ「アートと暮らす」

アートセラピーの輪 vol .21

こんにちは。satokoです。

道端には、黄色や茶色の葉っぱたち。。すっかり秋ですね。

さて、今日は『アートセラピーの輪 vol.21』をお届けします。

 

今日の卒業生は・・・

笑顔がはじけている!そんな表現が似合う素敵な女性をご紹介します。

 

「アートセラピーを学んで、なにかいいことあった?」

■ 王野 雅子 さん
masako

雅子さん(以下M):頭で考えているだけだと、それで終わっちゃうんだけれど、

アートをはじめて、自分の中で、何かが動きだす感じがありました。

 

S:動きだす感じ?

M:たとえば、なんかもやもやしてるとか、この言いようのない感じが何なのかな~?

って時に、ただらくがきしてるだけで、

なんとなくその線から、

「今、まよってるのかな」とか、「もっと飛び出したいんだな」とか、

そういうのが客観的にわかってくるようになりました。

 

S:うんうん。

M:あと、その時にどんな画材を使いたいのかっていうのが、結構大きくて。

今、ソフトパステルの感じとか、 今、ハードパステルの感じとか、墨汁の感じとか。。。

その違いで、その時の自分がわかるのもあります。

 

S:なるほど~。学び始める前は、もやもやした時とかどうしていたの?

M:そうですね~。鼻歌歌ったり、カラオケ行ったりしてました(笑)

表現はしていたけれど。。

画材があると、場所移動しなくてもササッとできるのがいいんです。

色がいっぱいあるから、表現しているうちに楽しくなったり癒されたりしますね。

身近に「自分で自分を知る」とっておきの便利グッズ を手に入れたような感じがします。

S:とっておきの便利グッズね(笑)

M:はい(笑)

自分の一番のともだちは、自分だと思っているんです。

アートは、そんな自分と寄り添うためのきっかけになっていて。

今、自分がどう思ってるとか、どういう感じだとわくわくするのかな?とか、

自分の指標ができいって、どんどん自分を知るきっかけが増えています。

 

S:そんなアイテムを手に入れた雅子ちゃんが、今後描いていることってある?

M:歌とか声とかにも興味があって、、、自分の中で躍動するんですよね。

自分の中の喜びとか、悲しみとか、

湧き出てくるものを感じながら生きていきたくて、

なんていうのかな、、、その時のリアルな自分を大切にできたらいいな。。。

今後は、声と音楽と、アートを組み合わせて、何かできたらと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

雅子さんは、今、子どものクラスのサポート活動をしながら、

自身でも「ファシリテータートレーニングコース」で学びを深めています。

「今まで好きだったこと、興味のあること」と学んできた「アート」が一緒になっていく…

そのワクワク感を、一緒にお話ししていて感じました。

クエストのセラピストの定義のひとつに『自分を好きでいること』というのがあります。

好きなこと、やってきたことを話す雅子さんの姿は、まさにそれ!

自分をしっかり見つめてきたからこその『自分を好き』があふれているようでした。
(もちろん、時には嫌だぁ~って思う時はありますけども・笑)

『自分の一番のともだちは、自分』

そんな風に自分も人も大切にしていけたら素敵ですよね。

これからの活動、楽しみにしています。

 

satoko

———————————-
☆クエスト講座説明会開催中
講座説明会1

投稿者:クエスト スタッフ

クエストスタッフがクエストからの情報やそれぞれの言葉で活動している現場の声をお届けしています。講座やアートセラピー情報もタイムリーにお届けします!