宮島 なつみ

人とまっすぐに関わりたい!

子どもの教室「ジョイ・ビート」主宰セラピスト

20代

女性

宮島 なつみ

プロフィール

内閣府所管 (一財)生涯学習開発財団認定 マスター・アートワーク・セラピスト

アーティスト

宮島さんにお話を伺いました。

●クエストに来たきっかけを教えてください。

私が大学生の時の卒業制作で作品を作っていた時に、ちょうどその時に渋谷のHIKARIEでうつ病患者の方が描いた絵の展覧会を見に行った時に、クエストの卒業生の方が携わっていて、その時にアートセラピーという存在を知りました。

私はもともと美術大学でアートを勉強していたんですけど、その展覧会で見たアートは、評価だったり・・そういう所じゃない生の表現・・そういうものとの出会って、その存在にびっくりしてアートセラピーって一体なんなんだ!!と思い、(クエストの卒業生を通して、クエストに)興味を持ったのがきっかけです。

●受講中に印象に残ったことや忘れられない事がありますか?

あります。笑
アートセラピーコース(現アートサポートコース)の集中3日間のセッションの時に、出席するかしないかを迷った時、その時にスタッフの方と夜遅くまで電話をした経験があるんです。その時に言ってくれた言葉も印象的だったのですが、私が一番心に残っているのは、人とここまで関わることをするってすごいなって思ったんです。

人に何か本気で関わったりとか、想いを伝えたりとか、こんなにする人たちがいるんだっていう事にびっくりして、そこからアートセラピーコース(現アートサポートコース)の私のコミット度が変わったのがとても大きな体験でした。

そして自己分析心理学コース(現アートアウェアネスコース)で自分がほんとは何をしたくて、どんな事を感じていているか、自分にフォーカスをしてとにかく自分を見つめていくという体験ででした。自分が何をしたいのか?どう生きていくのか?決めるっていう体験をしたことは大きかったです。

●クエストで学んで何を掴んだと感じていますか?

人と関わりたいなっていう気持ちを思い出しました。昔持ってたけど忘れていたというか、人と関わりたいとか、まっすぐに関わりたいという事を思い出させてもらって、その為にもっと場を作ったりという勉強をしたいなと思いました。
(彼女はプロ養成コースを修了し、現在は国際資格JIPATTの受講生として臨床現場におけるアートセラピーについて学びも続けている。)

 

なつみ2●現在の活動について教えてください。

私は現在、清瀬にある子供のクラスジョイビート(小学生クラス)でセラピストとして活動しています。また門前仲町にある子どものクラスグレイトマウンテンズ(小学生クラス)ではサポーターとして場作りに参加しています。なつみ6

どっちもすごく・・・子どもってすごいなっていうことを行くたびに感じています。なんだろう?なにがすごんだろう・・・・・・・なんか。。思いもしないことを・・こっちが思いもしないような表現がでてきたりとか・・・なんかその子の中に広がる宇宙見たいなものが見えた瞬間はすごいうれしいし、その子が長期間クラスに携わっていると、回をおうごとに変わっていったりとか解放されていったりとか、そういう変化が見えるのがうれしいです。

 

なつみ3そしてグロースセミナーという子どものキャンプの活動に参加しています。これこそほんとに子どもたちが自分で決めて自分で何をやり遂げるという体験をしつつ、自分と仲間を認めていくという、生きる上でのベースとなるような考えた方を学ぶキャンプなんですけど、そのキャンプがすごいなと思うのが、子どもたちの成長もそうだけれどそこに関わる大人たちがすごいなと思うんです。子どもたちの成長というものにかける大人たちの想い。それへの真っ直ぐな関わり方、そういう生のぶつかりあいみたいなものが、子どもたちのこころも大人のこころも耕して一緒に育っていくという場があるのがほんとにすごいなと思って参加しています。

グロースセミナーとは・・・・
クエスト代表柴崎が理事を務めるNPO法人子ども未来研究所で25年続く北海道士幌高原で行われている3泊4日の子どもたちの野外体験学習。セットアップとフォローアップでは、子どもたちの描画を通して心の成長の様子も見ていく時間を設けている。


●なつみさんのビジョンを教えてください。

ビジョン!
まず思うのはセラピストとして生きていきたいなと思います。子どもだったり、子どもじゃなかったりするかもしれないけれど、誰か人に関わって寄り添ってその人の人間が持つ本来の力だったりとか、人間がキラキラしていくところを目指していくようなそんな姿に出会いたいし、私も一緒に応援したいなという思いがあります。

なつみ1そしてもう一つ子どものアトリエを作りたいなと思っていて、その場所は絵画教室とは全然違う所で何かを教える。なんかほんとに自由に描きたい絵をその子がただ描く、何日でも描きたい絵を何日かけてもいいから、その子が自分が表現したい絵を描いていったりとかそんな場が作りたいなと思っています。そしてこっち(大人)もただ一緒にいるだけでもいいなと思っていて、なんだろうなその子の心の居場所だったりとか、自分らしさが出せる場所だったりとか、そんな風に現れた自分らしさを、自分であっ!なんかいいじゃんと思えるようなそんな場所を作りたいなと思っています。