アートセラピーの歴史と応用理論

Art Therapy History and Applied Theories
アートセラピーの歴史と応用理論

■講師について

全ての資料に事前に和訳が用意されていて、非常に丁寧に作られたことが伺えた。随所に工夫がなされていたが、かといって駆け足になり過ぎずゆったりと受講できる雰囲気を作り出していた。学生から出る質問にも豊富な知識で答えてくれたので、理解度が高かった。(1期生)

とても丁寧に私たちの気持ちに寄り添いながら、授業をしてくださっていたのがよくわかりました。そして、米国で学ばれた経験と、日本で今現在、臨床心理士、アートセラピストとして活動されている現場の様子なども踏まえて、エピソードと一緒に教えていただき、とてもわかりやすく、リアリティに富んだものでした。(1期生)

 

■講座内容について

「歴史と理論」を時系列に整理して学べたことで、先人たちの研究がとても身近に具体的に理解できました。 また実習生どうしのプレゼンテーションも多く、臨場感と共に学べたので体に染み込んだ感覚があります。(1期生)

理論と歴史を学ぶことの重要さを改めて感じています。自分は人とのかか関わりで、どういう価値観や信念を持ってやっていきたいのか、その考え方は歴史上の誰かに近いのかなど把握しながら活動していけそうです。(1期生)

Previous

Next