アートセラピーと家族

Art Therapy with families 
アートセラピーと家族

■講師について

毎回、豊富な経験と知識を持ったアートセラピストが来て下さるので、そのお話を伺えるのがとても勉強になります。たくさんの強さやエネルギーを受け取りました。(1期生)

講師のアートセラピーに対する情熱を感じました。そして、持っておられる知識を惜しみなく私たちに伝えてくださり、毎回毎回刺激的な時間となりました。理論とワークとのバランスも絶妙で、私たちの様子、空気感も敏感に感じ取りながら、クラスの内容をその都度変えていってくださったのにも感謝しています。(2期生)

さまざまな質問に対して、多くの役立つ答えを返してくれました。Familyの内容を扱う授業なので、感情があふれてくることも個人的なことが湧いてくることもありましたが、「どんな状態でも大丈夫」という安心感のある空間を作ってくれました。(3期生)

 

■講座内容について

「その家族が問題なのではなく、家族と家族の“間”に問題がある」というのが、私にとっての一番の学びだったし、今後家族のアートセラピーをする際、心に残しておきたいことでした。(1期生)

客観的に家族の課題やバランスについて、深く学べる良い機会でした。自分自身、家族について悩むこともありましたが、こんなとらえ方があるのかとアートを通じてたくさん発見することができました。(1期生)

ものすごい情報とセラピストとしての深い学びでした。(2期生)

自分が、今登山の何合目にいるのかを知ることができるような流れでした。そして、セラピストとしてのこの先が見えるような導きでした。足りないものを知ることができて良かったです。(3期生)

Previous

Next