シニアコース(11期生)

今までの授業の内容はどうでしたか?

U.Cさん
ひとつひとつ体験型で楽しく学べてよかったです。
現場での細かいことにフォーカスしすぎずにアートセラピストとしての人間性に焦点を当てた内容に共感を覚えます。
T.Aさん
現場の生の体験を含めた座学、みんなのミニワーク、現場のサポート、ビジョンを見つめる時間、すべてが有意義でした。
S.Sさん
シニアならではの、あたたかさと細やかさがとてもある内容でした。
「人に寄り添う」ことの大切さを学べた。
N.Mさん
毎回どのような授業になるのか、緊張と楽しみな気持でいっぱいでした。
森田優美さん
とにかく盛りだくさんな内容でした。
本格的に学ぶ内容が多かった。
実際に高齢者体験で手の不自由さを味わえたことは、家族との関わりを見直すきっかけとなりました。
K.Yさん
とにかく現場で直接行っていけるワークを体験出来き、毎回目からウロコの内容ばかりでした。
皆が今後活かしていきたいという意欲や持ち合わせている優しさから受け止めるものは多く、楽しく学んでいけた。
F.Cさん
現場での経験や失敗談、アイディアなどは興味深いものでした。
授業もなるほどなぁ~と違う視点を教えてくれ、実習は楽しみながら体験をして実感をしていけました。
M.Sさん
授業の内容もはっとさせられる事が多く、シンプルな中に人の気持ちの深さがあるなと感じましたし、先生のエピソードが何より心に響くものが多くて、その話(体験談とか)聞けたことでも学びがありました。

学ぶ前と今では、何か変化がありましたか?

U.Cさん
人の中で生きている実感と喜びを深いところで得られた感じがしています。
はじめてクラスメートの中で安心する感覚を覚えられたと感じています。
T.Aさん
自分たちでミニワークをつくることで実際にプログラムをつくることへの
不安や抵抗感が軽くなりました。人とのかかわりの中でよりいろんな質の人と
安心してかかわれるようになってきたと思います。
S.Mさん
授業を通して心に植えた種を大切に育てて行きたいと思っています。
未来へのエネルギーになっています。
N.Mさん
現場体験をしてみたい気持ちが強くなりました。
K.Yさん
やりたいことが明確になり、現実味をおびえてきた。
細かく丁寧に行っていくことはもともと好きだが、もっと違う視点からも アプローチ出来る事を知った。
K.Cさん
自分、人のつながり、生きがいについて、自分が源となり考えられるようになりました。
時間や人、心、季節、あらゆるものが愛おしく大切にしたいと思えるようになりました。

この学びをどんなことに活かしていきたいですか?

M.Sさん
私自身の成長として人と関わることに活かしていきます。
現場体験をしていきたい。
S.Sさん
人との関わり方に活かして行きたい。
「寄り添い受け止め、受け取る」
K.Yさん
勤務先の障がい者施設に活かしていきたい。
U.Cさん
実生活 アートセラピスト活動
T.Aさん
自然体験 x アートのプログラムを行っていくことに活かします。

その他、よかった点など

S.Mさん
たくさんのワークに触れられ楽しかったです。
N.Mさん
ミニワークをいちから作ることが具体的な体験としてよかったです。
K.Yさん
ふと気づくと気づいて声をかけてくださる先生 居心地のいい場でした。
M.Sさん
毎回安心でした。
うれしさもあって、喜びもあって、感動があって。。
しあわせな時間でした。