ファシリテーターコース(第10期)

コースを受講した感想

T.Sさん(女性)
もう、すごい良かったです。受講して良かったです。 10FCLの仲間と会えたこと、自分自身、アートセラピストとしてさらにさらに磨きたいと思いました。 これからの自分のビジョンの励みになります。
渡部聖子さん (女性)
私のやりたかったことすべてできました。人前に立つこと、ファシリテーターであることの大切さを学びました。 人前に立つのは慣れていたはずなのにいざやってみると、防衛が働いていることに気づきました。 あのミニワークの大失敗は本当に辛かったけどもそれが大きな糧となっていることを実感しています。 10FCLの皆と自然に活かせたこととてもうれしかった。先生たち、まっきー本当にありがとう。いつもあたたかかったです。
Y.Aさん(女性)
このファシリで私は自分の中心を確かめると共に、つながりと分かち合いの中で、安心な場をつくりだすことを学びました。 自分のビジョンを明確にすることは自分が何かを自分が認めることでした。本質としての自分に出会い、心からの願い、ビジョン を生きるための在り方、人に与える人である在り方を学ぶことができました。 ここで得た仲間、つながり体験は私の人生のこれからの核となると思います。
小林絢子さん (女性)
力強くて熱い仲間と出会えたことがとても大きい。 始めは個々だったそれぞれが、だんだんつながって、一つのチームになっていった感じがして、チームシップをつくるとはこん な感じか。と感じています。
K.Aさん(女性)
クエストに入りたいと思ったのは、FCLで勉強したいと思っていたからです。 それまでの道のりは長かったけれど、このコースで学ぶために今までの事があったのだと必然性を感じています。 もし生きることに投げやりだったころの自分に出会えたら、FCLに入りプロのセラピストとしての勉強していること、そしてこん なにも人を愛し愛される よういになったこと、何よりも素敵な仲間に出会えているから私は大丈夫だと伝えたい。
石井智美さん (女性)
親切、丁寧で一つ一つ取り組みやすかった。 ひとりひとりを大事にするフィードバックが私は、私でいていい、そこからできることをすればいいんだとうれしかった。 自分らしさを発揮することに¥、こんなややこしくなっている自分、でもそんな自分だから、やれることもあるんだ。 と勇気が湧きました。 チームでやることのすごさを体感。つながるためには素直に表現していくことが大切だと知った。 合宿は、本当に楽しかった。命の重さ、命を燃やすことの真剣さ。一瞬一瞬を大切にしようと思えるセッションでした。
物江幸恵さん (女性)
すべてのセッションが苦手なこともあり、受講したことを後悔したこともありましたが、今は晴れ晴れとした気持ちです。 「プロセスを信頼する」とはこういうことなのかと少しわかったように思えます。 私には声の出し方などまだまだ課題もたくさんありますが、自分らしくいたいと思いました。 これからもたくさんの人と出会って、その人らしさを感じていきたいと思いました。 ありがとうございました。
村松沙織さん (女性)
みんな熱くてビックリけれど色々な学びの中で自分の立ち位置を知ることができました。 チームもひとつの学びだった。 ゆるゆるだった自分の自信と実現力を確立できました。 勇気と愛と現実を学び、体験し私はとても大きく、より成長できた気がします。 何よりクエストの方々の大きな愛情のもとで成長できたことに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。
上原昌子さん (女性)
本当に本当に受けてよかったです。受講する前に、ついていけるかな・・・と悩んだのがウソのように、楽しかった。 青春をして思いっきり生きた!そんな気持ちです。このつながりと仲間いう財産をえられた自分がこころから誇りです。 ささやかな自分の中にある力を生きて、人とつながって喜びをつくりだしていきたい。 アートを通して、自分と人に喜びを無限!に味あわせつづけていきたいと思います。 深い深い愛情で、支えつづけて下さった、しばしば、ちかこ先生、マッキー、ようこ先生本当に心から感謝しています。
山地純子さん (女性)
自分と挑戦することが多く、自分に自信をもとうという事との闘いでした。
でも本当に素敵な仲間と出会え、自分がもっとつながっていきたいと思える素敵な人たちの集まりに入れたことは本当にうれしかったです。自分を表現する強さ、つくりだしていく楽しみを知りました。ありがとうございました。
酒井佳苗さん (女性)
本当に感無量です。 このコースに来たくて、クエストに入った3年前、やっとの思いでこの半年を迎え、今日終了しました。 自分がここにいることはもちろん、大阪の研修生をしたとき、「りか、まこ、ゆうこ、じゅんこ」はドリームチーム一緒で、彼女たちの受講生の時からの成長を見守ってきました。彼女たちの成長を振り返るとまさに感動で、言葉がありません。 自分を好きになりました。 誰かの成長にかかわる生き方って素晴らしいですね。ファシリを通して、人生の選択をしたと思います。ChooseJoy!
Y.Tさん (女性)
ここにきてよかった!今後使えることが本当にありがたかった。自分の弱点を思いお知らされた。本当に大変でした。
人と人とのつながりがとても大切なんだとわかりました。
R.Wさん (女性)
私は、ファシリが大好きでした。これからプロでやろうとしている場、前に進む場、とっても心地よかった。
本当に本当に来てよかったです。自分の考え方や信念を再確認し、可能性もまた感じたり家族のサポートを感じたり、私はなんて幸せ者だと思った。
高橋孔明さん (男性)
すばらしかった!!仲間っていい!!
戸佐弥生さん (女性)
ファシリテータートレーニングコースを受講したことにより、”アートセラピー”のみならず、自分の人生の大きな布石になりました。 皆と創り上げたHHGは、”分かち合い”の大切さと忘れかけていた”愛”の存在を知り幸せな時間でした。泣いて笑ってあっという間の7ヶ月間でした。

コースを受ける前と後で変わったこと

T.Sさん (女性)
周りの皆に生き生きしてる、キラキラしているとよく言われました。 きっと自分自身の内面の中でさらにビジョンがはっきり明確になったことがすごく良かったです。 仲間の中で大変なプレゼン課題を失敗しながらボロボロになりながら必死にこなしたことは大きな自信になりました。 ビジョンは大切!仲間ってステキ!と思えた半年が自分を輝かせてくれていたと思います。
渡部聖子さん (女性)
受ける前は自分を客観的にみつめることはできてもそれを明確にし、トレーニングしていくことはせず放置していました。 受けた後は、放置するとどんどん広がっていくことに気づき、今すぐ自分にも愛を注ぎました。愛は急げも実行しました。 クエストに来てから長年わだかまりを勝手にもっていた母に分かち合いを通じて本当の気持ちを伝えられました。 そうしたら母がセンチメンタルなメールをよこし、すごくうれしかったです。 私も愛を伝えられなかった親友がいたのですが、HHG前日の夢にHHGにその親友が来てくれるという夢を見ました。 私を見守ってくれる感じでした。 とてもうれしかった。愛は急げを教えてくれた友人です。
Y.Aさん(女性)
ファシリを受ける前は自分を見失っていました。 あとは私の中心に居る自分を見つけました。
小林絢子さん (女性)
声の出し方、立ち方、心の在り方、すべて変わったと思いますが、一番は”センターに立つ”という感覚を味わったこと。 今まで、セラピストで在りたいとは思いつつ、不安も感じていました。 ”私は大丈夫”と言い聞かせても上手くいかなったのですが、”センターに立つ”という感覚を味わった気がして、この感覚が、 今まで なかったから、必要以上に不安だったように思います。 今は、あの感覚をこれから育てればいいと思っているのでワクワクしています。
K.Aさん(女性)
プロしての在り方、"Being"の大切さを身にしみるほど感じています。
石井智美さん (女性)
自分自身の中にあるものを信頼できる様になって、かりてきたものやつくられたものではなく、自分の中に一度落とし込んで 自分のものにして伝える感覚がちょっとつかめた。 チームでつくっていくことに対して、楽しさや信頼がもてるようになった。
物江幸恵さん (女性)
・挑戦してみるかと思えるようになりました。苦手なこともできないと思っていることも、やってみたら何かしら変化するんだと思 いました。
・自分の可能性を信じられるようになったこと。
・自分のビジョンを話せるようになったこと。
・アートセラピーが自分にとって大切なものだと気づいたこと。
・アートセラピーをこれからもずっと続けていこうと思えたこと。
村松沙織さん (女性)
受ける前はもやもやしてたし夢みがちでそんな自分が嫌いでした。けれど受講して変わったことはそんな夢みがちな私を無視 せずもう一度よく見つめ深め 現実としてみること。 そしてそれを実現していこうという決意。 「決める」ということを意識し、輝きながら戦う一年でした。 自分の武士道と似ている。今、アートセラピーは私の手足のような大切なものとなっています。 それをもっと味わっていきたい。伝えていきたい。そう思えたことがうれしく思います。
上原昌子さん (女性)
自分の持っている力への信頼。ちょっとしたこと、したことのないことを恐れて、すぐに逃げたり止まったりする私が私の持ってる力で大丈夫。一歩、ふみだしてみよう。そして、私自身に自分で決めたVisionを幸せを味合わせてあげよう。そんな信頼と喜びの力をつかって進めたのがとても新しく、大切な歩みで変化でした。 それは、弱みも不器用さも、正直に生きる10FCLのメンバーに支えられて、気づけて、チャレンジできたこと。仲間とつながり、信頼してチャレンジすることもものすごく体験できた。 まだまだ星の数ほど情けないことよわいことあって、星の数ほど自分と人を変えたり、変化している自分のペースで歩いていけるぞって思います。それはやめません。ありがとうございました。
山地純子さん (女性)
コースを受けて自分が源という感じをなんとなくわかってきたように感じれるようになってきました。
そして自分から人につながっていく関わっていく楽しみを感じてきました。ファシリを通う中でいろいろなことがあたけれど、やったことに自信をもとうと思います。
Y.Tさん (女性)
実は、受ける前は私なら楽々こなせるだろうと思いこんでいました。
が、こんなにもこんなにも自分はまだまだな人間なんだと知って、本気でファシリに来るのが嫌になりました。
ですが、クラスのみんなのおかげもあって、その気持ちは吹っ飛んで逃げる弱い私にさよならできました。まだまだ弱い私だけど、これからもっとがんばります。ありがとうございました。
R.Wさん (女性)
志を共有する仲間との出会いも大きく、仲間というものを教えられた。人が苦手で切り続けた関係を愛は急げで取り戻すきっかけをもらった。愛ってこんな面があると新しい愛に気づけた。Love Now!この機会をつくってくれたすべての人に感謝します。
高橋孔明さん (男性)
自分を好きになった!!
戸佐弥生さん (女性)
自分自身のことや、人前に出てその場の雰囲気やそこに居る人を見ることを最初は避けていましたが、ミニワークやプレゼンを通して、目の前のことを実際に見て受け取ることの大切さを感じ、 自分も皆も”信じる”力に変わっていく、自分へと変わっていくのがわかりました。