イベントワークショップ風景

  • イベントワークショップ風景1
  • イベントワークショップ風景2
  • イベントワークショップ風景3
  • イベントワークショップ風景4

クエストアートセラピー学院

イベントワークショップ

クリエイティビティの3つのモデルを学ぶ

特別講師をお招きしてお届けする特別ワークショップです。

クエストでは毎年外部講師をお招きし、1Dayの特別ワークショップを開催しております。
今年はカナダの心理学博士であり、アートセラピストでもあるMr.ピエール博士をお招きしました。

Pierre Plante Ph.D.,ピエール・プランテ博士
心理学者 アートセラピスト
モントリオールのケベック大学心理学部人間性心理学アプローチ部門の教授

このプログラムは次のような方におススメです。
・アートセラピストの方
・心理療法に取り組まれている方
・臨床現場でのアートセラピーにご興味のある方
・国際的なアートセラピーに興味関心のある方
・対人援助のお仕事をされている方や興味がある方
・アートセラピーを学ばれている方

創造性の3つのモデル

今回のプログラムは『創造性の3つのモデル(Amabile’s Model)』についての理解を深めアートセラピー(心理療法)のプロセスでの重要な多角的視点を学びます。

・Dynamic Posture(動的な姿勢)
・Energetic Posture(精力的な姿勢)
・Sensory Posture(感覚的な姿勢)

さらにピエール博士のこれまでの臨床経験によるケース紹介もございます。

日程・カリキュラム

講師

Pierre Plante

Pierre Plante

心理学者/アートセラピスト
モントリオールのケベック大学(UQAM)心理学部人間性心理学アプローチの部門の教授。
芸術教育の学士を取得した後、アートセラピーの修士号と心理学の学士号、心理学博士号を取得。
1995年から子どもや思春期、成人へのアートセラピーを行うと共に、現在は博士課程の学生とモントリオールで様々な機関との共同研究を行っている。
また、ケベックにて、アートセラピストの専門性の認知の為の活動を20年以上続け、ケベックアートセラピー学会の会長を10年務めるなか、多くの講義、学術論文の出版に貢献している。

費用

受講費用:

10,800円(税込)
アートセラピスト養成講座受講生・卒業生 7,560円(税込)
JIPATT生 5,400円

振込先:

㈱クエスト総合研究所
三井住友銀行 目黒支店 普通 6474232
ゆうちょ銀行 〇一九店 当座預金口座 0568228
郵便振替 00160-7-568228

アクセス

新宿・代々木周辺

TEL:

FAX:


受講生の声

2018.7.16『女性たちのエンパワーメント』

体験を教えてください。

T.Aさん 女性・40代
自分に向き合う時間は、普段の生活の中ではなかなか取れないので、今日セルフポートレートを描く時間は、とても興味深いものでした。描いている際、先生に「装飾は自分を元気づけるように」という言葉を頂いた後、思いつくままに、自分を元気づける要素を加えると、今持っているモヤモヤのとした気持ちが晴れたような感覚になりました。自分に対するエンパワーメントができると、他者に対してもその気持ちを使って何かできるのではと思える体験になりました。
S.Hさん 女性・40代
今回、初めてアートセラピーに参加いたしました。先生のお話もさることながら、「セルフポートレート」がとても楽しかったです。自分にもっと自信を持った方が良い!!人の目を気にしないで!!と鏡の向こうの自分が語りかけてきました。今回のテーマで参加できてよかったです。
S.Sさん 女性・50代
年齢を気にして大人らしく振舞おうとしていた自分に、アートすることで気が付きました。50歳でも60歳でも「こうであらねばならない」という世間の固定観念に縛られず、自分らしく生きようという再確認するよい機会になりました。参加してよかったです。
K.Aさん 女性・40代
自分の心の声と対峙する貴重な時間となりました。1時間の中で、自分の歴史と向き合い、今を見つめ、これからの道のヒントをもらいました。
H.Yさん 女性・40代
日常では、男性社会で働いているという意識が強い。その中で感じている葛藤を再確認した。中でも、自分の抱えている悲しみや怒りを受け取れたことはよい体験だった。無意識に取り残していた女性としての自分に出会えた感覚がある。自分の生み出した世界をイメージすることで、少しだが、葛藤から解放された気がする。自分との対話の時間をたっぷり与えてくださったことに感謝します。
S.Kさん 女性・40代
普段、アートやクリエイティブな活動に時間をとることがほとんどないので、自分の中に目を向けて、そこから出てくるものを表現する作業はとても貴重な体験でした。
M.Mさん 女性・40代
鏡で自分の顔を見ながら問いかけていくうちに、今までうまくいかなかったり、どうしたらいいかわからなくなったり、日々迷いながら悩みながらもその時その時を歩んできた自分は、それでいいんじゃない、そんな自分を信じたらいいんじゃないという気持ちが湧いてきました。
H.Kさん 女性・40代
とても素敵な時間をありがとうございました。こんなに自分の顔をじっくり見たのは久しぶりで、もっと嫌な気分になるかなと思いきや、意外としわやくまのある今の自分を受け入れているんだな~なんてことも感じることができました。「自分の中にある力」とはなんだろうと問いかけながら、自画像を描いていると、やっぱり自分が大切にしていることが出てきて、再確認できてよかったです。自分が大切にしていることを、そのまま大切にしていいんだとまるごと受け入れることが出来た気がします。
K.Mさん 女性・50代
思いのほか、開放感に満たされて、非常にウキウキ、ワクワクと楽しかったです。先生のお話しも非常にためになりました。
S.Tさん 女性・40代
“自画像”と聞いた時にドキドキして、なかなか鏡を見ることができなかったのですが、改めてこの機会に見てみると、いろんな気付きがありました。アートにウソはつけないので、今の自分だなと思います。エンパワーメントを上手に発揮するために、今の自分に必要なものがアートの中にヒントとしていっぱい表現されていたと思います。楽しい時間でした。
T.Tさん 女性・30代
自分の中にいる、もう一人の自分が自分を応援してくれているような、そんな体験をしていました。いつもそばにいてくれる静かで穏やかで力強い存在でした。

その他・備考

*お申し込み頂いた方に後日ご連絡いたします。