理論と実技を学ぶ(44期生)

第1回目の体験はいかがでしたか?

T.Aさん女性
アートセラピーの理論的側面をまずインプットし、実際のアートワークを通して実体験として理解を深めることができた。受講者の積極的発言も理解を深めるきっかけになって良かった。初回は基礎的なことがメインに取り上げられていたと思うので、これからさらに深めていけることが楽しみ。
S.Tさん男性
傾聴や相手に寄り添う大切さがわかりました。セラピストの立場、視点とクライアントの立場で感じる事がそれぞれあり、両方の立場を理解する重要性も感じました。
K.Nさん女性
盛りだくさんで、たくさんメモをとらせていただきました。学んだ理論は、できるだけ間をおかずに、まずは仲間同士で実践した方がいいのかな、と思いました。家族との会話にも、活かしていきたいと思います。
O.Yさん女性
イメージの自由画は、コロナ禍だからこそより楽しめたように感じました。没入感を感じられるのは絵画的な表現ならではかと思います。
K.Aさん女性
これまで心理学を学んだことがなく、ユングという名前を、聞いたことはありましたが、どういう方なのか殆んど知識がありません。
無意識の部分が夢に現れるというのは、私にとって、とても興味のあることでした。もっと学びたい思いました。
ユングさんの心の構図をみたときに、無意識と意識のやり取りを、アートワークによって行うということを知り、とても興味深く感じました。
今回ワークでも、意識と無意識のやり取りについて少しだけ感じることも出来て、この先学ぶ内容もとても楽しみになりました。
I.Mさん女性
自己分析の後での授業だったので、技術にこだわらず自分を表現するという事を意識して実技に取り組め、理論と結びつけられる事で感動する場面もありました。
H.Tさん女性
傾聴や問いかけの実習では、今後はこのような状況下でセラピーを実際行うこともあるかと思い、より限られた情報の中で適切に話を聞いていくことを想定して学ぶことを意識できたように思います。
I.Dさん男性
久々にアートしたことで頭がスッキリしました。また、他の方と安心の中でお話ししたり、絵を見たり、心地よい空間にまた半年居られる嬉しさを感じました。
S.Nさん女性
理論と同時に、アートセラピーの自己体験が始まり、セルフコントロールの大切さを実感しました。自己体験としてのアートセラピーを、客観的に理解する必要があると思います。あくまでセラピストの視点を養うという意識を持ち続けたいと思います。

当校受講にあたり、一番の決め手はどんなことでしたか?

K.Cさん女性
プロフェッショナルな充実した内容とプログラム。
F.Eさん女性
資格取得。今までの学びを深める。クエストのみなさんが優しい。
K.Aさん女性
卒業後、活動に繋げられそうなプログラムやフォロー
講座説明会の時の、心がスッキリした体験
S.Yさん女性
プログラム内容が自分の今の仕事(造形活動を用いた療育活動)の知識として役立つと思ったからです。
E.Kさん女性
JIPATTがあること